家を守る外壁リフォーム

外壁リフォームの色選び

外壁リフォームで使う塗料選びは業者の提案を参考に

外壁リフォームで使う塗料選びは業者の提案を参考に 外壁リフォームを行う際、サイディングの張り替えを行ったり、ペンキを塗り替えたりする事が多いですが、外壁のペンキ塗りに関しては様々な注意点がありますので以下の点を参考にしてみてください。
外壁塗り替えを行う時期は約10年ごとと言われています。
壁を触ると白く汚れたり、ひび割れ(クラック)等がある場合、早めに外壁リフォームを行う事をおすすめします。
外壁は雨、雪、強い日光から家を守ってくれる大事な役目があります。
このメンテナンスを怠ると防水効果がなくなり躯体にダメージを与えてしまう可能性が高くなります。
劣化の兆候が少しでもみられたら、専門業者に外壁の状態を点検してもらうと良いでしょう。
外壁を塗り替える塗料については、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系塗料があり、それぞれ耐久年数が約4年、6年、10年、15年と言われています。
耐久年数の違いによって金額にも差が出てきますので、専門業者の意見や提案を参考にして予算を組んでいくと良いでしょう。

外壁リフォームで工事中に気を付けること

外壁リフォームで工事中に気を付けること 外壁リフォームをする場合は、外での作業になりますので、周りの家に迷惑をかけないように工事をしなければなりません。
迷惑をかける原因としては、外壁リフォームの工事中に、塗料が飛んでしまうことです。
例えば洗濯物に塗料が飛んでしまうと、洗濯物が汚れなかなか落ちないことになります。
また、車などにつけてしまっては厄介です。
それこそ弁償しなければならなくなり、近所との関係も悪くなってしまうかもしれないです。
それだけではありません。
工事中に匂いが飛ぶことがあります。
外壁塗装の塗料の種類にもよりますが、油性塗料であればシンナーが含まれているため、その匂いが風にのって近所に届いてしまうのです。
これらが原因でクレームがくる可能性もあります。
そこで、工事中はできるだけ塗装に気をつけることも重要ですが、事前にまわりの家にあいさつ回りをすることが意外と重要になります。
あいさつ回りは軽く粗品を持っていくことが必要になるでしょう。