家を守る外壁リフォーム

外壁リフォームの気をつけるべき点

外壁リフォームの気をつけるべき点

外壁リフォームの気をつけるべき点 外壁リフォームをしたいけれど、何から始めたらいいのかわからない、思ったような仕上がりになるのか不安、などとどのように工事を始めればよいのかわからない方も多くいます。
工事をした後にトラブルにならにためにも気をつける点がいくつかあります。
内装よりも、外装は劣化しやすく汚れやすい場所でもあります。
そのため、外壁リフォームを行う時は状態をよく把握して必要な工事を行うことで、しっかりとしたメンテナンスを行うことができます。
外壁塗装では様々な種類があり、それぞれ特徴や値段、耐用年数が違ってくるので事前に業者に確認しておく必要があります。
また、業者によっては手抜き工事をするところもあるので、信頼のおける対応を行う業者を選ぶようにして、複数の業者を比較して自分の目で確かめることが大切です。
事前に家族と話し合って意見を合わせた上で、工事の行程期間は余裕をもって計画することで、揉め事が起こることなくスムーズに工事をすすめることができます。

外壁リフォームを長持ちさせる方法

外壁リフォームを長持ちさせる方法 常に雨風にさらされている外壁は、住宅の中で一番劣化しやすい箇所になります。
5年に1度は塗り替えを行なうのが理想ですが、外壁リフォームを行なう際、少し手間を掛けることで大幅に長持ちをさせて綺麗な仕上がりになるのでその方法をご紹介します。
まず塗り替える前に高圧洗浄機を用いて汚れを落とすことが大切です。
排ガスや苔などが付着したまま新しい塗料を塗ってしまうと、腐敗を起こしてしまい短期間で剥がれ落ちてしまいます。
これがご家庭で外壁リフォームを行なった時に失敗する最大の理由なので、丁寧に洗浄をしてから塗料を塗るようにしましょう。
次に二度塗りを行なうことで隙間を無くし、雨が浸入しないようにします。
一度だけしか塗らなかったら塗料が薄い箇所があったり隙間が隠れていない場合があります。
二度塗りを行なえば塗料が満遍なく全体に行き届き隙間も埋まるので外壁を長持ちさせることが出来ます。
また同じ塗料を二度塗りすることで、塗料の発色も良くなり美しい仕上がりになります。