家を守る外壁リフォーム

外壁リフォームの基本

外壁リフォームの基本

外壁リフォームの基本 外壁リフォームをする際の基本として、まず自分のご自宅がどのような外壁が貼られていたり塗られているかを把握する必要があります。
タイルが貼っているのに、板金工事業者を依頼しても工事ができません。意外に、素人の方は自分のご自宅の外壁を把握してないことが多いです。
まずは、基本的な部分を把握してほしいです。それを把握した上で、その外壁に適した業者様を依頼します。外壁面がタイルがあれば、タイル屋さんに相談します。
外壁リフォームの提案としては、タイルを部分的に解体して解体した部分に色の異なるタイルを貼ることにより、タイルのグラデーションが出る仕上がりとなります。
貼るタイルの仕上げを既存タイル面と異なるものとするとさらに面白みが増します。
外壁面が、サイディングのような外壁の場合は、部分張り替えや全面改修が難しいため、外壁面を生かしたままその上から塗装することが推奨されます。塗装することにより最近の表面の強化にもつながるため、耐久年数も比較的のびます。
また、一階と二階で色を分けたりすると、メリハリがつき外壁リフォームとしてはオススメです。
このように、外壁リフォームの基本を押さえていれば、自分自身のご自宅をよりよく工事することができるため、基本を把握して欲しいです。

一戸建ての外壁はリフォームとメンテナンスが必要

一戸建ての外壁はリフォームとメンテナンスが必要 長く大切に住み続けるために一戸建ての外壁は定期的なメンテナンスが重要です。
外壁には、タイル張り、モルタル、ALC、窯業系サイディング、金属系サイディング、木製サイディングなどの種類がありメンテナンスの仕方も様々ですが、メンテナンスの大切さはどの外壁に対しても同じです。
外壁が痛んでしまうと防水機能を果たさなくなり雨漏りを起こしてしまいます。
外壁内に水が浸入すると躯体を腐らせてしまい、外壁リフォームだけではなく大規模なリフォームを行う必要が出てきてしまいます。
マンションの様に定期的なメンテナンスが行われない一戸建てに関しては、自主的にメンテナンスと外壁リフォームが必要になります。
最近の外壁リフォームで人気となっているのは窯業系のサイディングで、全体の約7割のシェアを誇っています。サイディングはパネル状になっており施工が早く、種類も多く、見た目も美しく仕上がります。
ですが、パネルをつなぐ部分のシーリングは劣化しやすいためリフォームの時期を見極める際にはこの部分に注目すると良いでしょう。
サイディング状態によって、張り替え、上乗せ、シーリングの打ちかえ、ペンキの塗り替えなどのリフォーム方法が考えられますので、外壁リフォームをお考えでしたら専門知識のある業者へ点検を依頼する事をお勧めします。

防水工事関連のおすすめリンク

高品質、低価格の外壁リフォーム・防水工事・塗装会社のサイト

防水工事 東京